menu

企画展 東海道五十三次の旅

企画展 東海道五十三次の旅

「東海道五拾三次之内 庄野 白雨」歌川広重

会期

2020年07月07日(火)〜 2020年08月10日(月)

開館時間 午前9時30分より午後5時まで(但し入館は4時30分まで)
休館日 月曜日(祝日は開館)、祝日の翌日
入館料

大 人:500円(450円)
高大生:300円(270円)
※()は20名以上の団体料金。
※中学生以下は無料。
※障がい者手帳等をお持ちの方・付き添1名は半額。

開催趣旨

 江戸時代後半になると庶民の間で旅への関心が高まり、多くの人々が東海道を行き交いました。人々は美しい風景や賑やかな宿場町、そして美味しい名物などにより、東海道の旅を楽しんでいたようです。本展では広重の代表作の保永堂版「東海道五拾三次之内」を一堂に展示し、街道を辿りながら江戸時代の旅の魅力に迫ります。

関連イベント

企画展「東海道五十三次の旅」の作品紹介動画をyoutubeにて公開しました。

当館ツイッター(@batohiroshige)にて「 #クイズ五十三次」を実施しています。

YouTubeにて「クイズ五十三次」の動画を更新中です。(全6回予定)

主 催

那珂川町馬頭広重美術館

ページトップへ