menu

建築について

建物案内

外観

隈研吾氏の設計による建物は、「広重の芸術と伝統を表現する伝統的で落ち着きのある外観」をコンセプトとし、自然豊かな那珂川町の景観に溶け込むよう、ゆったりとした平屋建てに切妻の大屋根を採用しました。
美術館全体は、地元産の八溝杉による格子(ルーバー)に包まれ、時間とともに移りゆく光によってさまざまな表情を見せます。内装にも地元の材を使い、壁は烏山和紙床は芦野石でできています。

 

平面図

平面図

  • 鉄筋コンクリート鉄骨造地上1階
  • 延べ床面積1962m2
  • 展示室2室・レストラン


館内詳細

アプローチ

アプローチアプローチ

受付・エントランスホール

受付・エントランスホール

展示通路

展示通路

オープンギャラリー

オープンギャラリー

展示室

展示室

展示室1:78.32m2
展示室2:288.86m2
2つの展示室には作品に優しい光ファイバーを採用しています。

所蔵品中心の企画展を年10回程度行います。
また、1年に1度、特別展を開催します。


JOZO CAFÉ 雪月花 by HARUKOMAYA

HARUKOMAYA

席数:24席
営業時間:11:00〜16:00
休業日:休館日 そのほか臨時休業あり
詳しくは下記URLをご覧ください
http://www.harukomaya.com/page/6

お問い合わせ先:080-4350-8502


ページトップへ