2016年3月〜2017年4月 展覧会スケジュール

2016年 3月
4月
5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2017年 1月

2月

3月

4月

企画展「秋山庄太郎写真展 『遊写三昧 花-365日』」より
平成28年3月4日(金)〜4月17日(日)
ミュージアムトーク:3月20日(日)
休館日:3月7・14・22・28日、4月4・11日
展示替え 休館日4.18(月)〜4.21(木)
企画展「二代広重の諸国名所百景展」
平成28年4月22日(金)〜5月22日(日)
ミュージアムトーク:4月23日(土)
休館日:4月25日、5月9・16日
展示替え 休館日5.23(月)〜5.26(木)
企画展「江戸の面影と浮世絵展」
平成28年5月27日(金)〜6月26日(日)
ミュージアムトーク:5月28日(土)
休館日:5月30日、6月6、13、20日
展示替え 休館日6.27(月)〜7.1(金)
企画展 「月百姿展 ‐大蘇芳年とその時代‐」
前期:平成28年7月2日(土)〜7月31日(日)
後期:平成28年8月5日(金)〜9月11日(日)
ミュージアムトーク:7月2日(土)、8月6日(土)
休館日:展示替え期間(8月1日〜4日)、
7月4、11、19、25日、8月8、22、29日、9月5日
展示替え 休館日9.12(月)〜9.16(金)
秋季特別展 「浮世絵名品展」
前期:平成28年9月16日(金)〜10月16日(日)
後期:平成28年10月21日(金)〜11月27日(日)
ミュージアムトーク:9月17日(土)、10月22日(土)
休館日:展示替え期間(10月17日〜20日)、
9月20、26日、10月3、11、24、31日、11月7、14、21日
展示替え 休館日11.28(月)〜12.2(金)
企画展 「青木コレクション展 蘇峰と藤作」
平成28年12月3日(土)〜平成29年1月15日(日)
ミュージアムトーク:12月3日(土)
休館日:年末年始(12月25日〜1月2日)、
12月5、12、19日、1月10日
展示替え 休館日1.16(月)〜1.19(木)
企画展「浮世絵で楽しむ源氏物語 ‐「偐紫田舎源氏」の世界‐」
平成29年1月20日(金)〜3月5日(日)
ミュージアムトーク:1月21日(土)
休館日:1月23、30日、2月6、13、20、27日
展示替え 休館日3.6(月)〜3.9(木)
企画展「徳力富吉郎と広重の「冨士三十六景」」
平成29年3月10日(金)〜4月16日(日)
ミュージアムトーク:3月11日(土)
休館日:3月13、21、27日、4月3、10日
都合により変更になる場合があります。
美術館予定カレンダーへ
企画展
【二代広重の諸国名所百景展】
会 期 平成27年4月22日(金)〜5月22日(日) 二代歌川広重「武州 横浜 岩亀楼」
二代歌川広重
「武州 横浜 岩亀楼」

主 催 那珂川町馬頭広重美術館
開館時間 午前9時30分より午後5時まで
(但し入館は4時30分まで)
休館日 4月25日、5月9、16日
入館料 大 人   500円(450円)
高大生  300円(270円)

※()は20名以上の団体料金。
※中学生以下は無料。
※障がい者手帳等をお持ちの方・付き添1名は半額。

開催趣旨  「諸国名所百景」は安政六年五月改印から文久元年九月改印で制作しました。版元は「名所江戸百景」を開版した魚屋栄吉(さかなやえいきち)で彫摺技法は「江戸名所百景」同様に凝った技法で行われています。この作品は二代広重の代表作であるとともに当時の風景版画の彫摺技法の水準を表す作品でもあります。江戸の市井の人々が諸国のどこに興味を抱いたか、二代広重の作品からご紹介いたします。

ミュージアムトーク ※要観覧料
4月23日(土) 午後1時30分〜 
企画展
「江戸の面影と浮世絵展」
会 期 平成27年5月27日(金)〜6月26日(日) 小林清親「武蔵百景之内 鉄砲洲高橋 佃島遠景」
小林清親「武蔵百景之内 鉄砲洲高橋 佃島遠景」
主 催 那珂川町馬頭広重美術館
開館時間 午前9時30分より午後5時まで
(但し入館は4時30分まで)
休館日 5月30日、6月6、13、20日
入館料 大 人   500円(450円)
高大生  300円(270円)

※()は20名以上の団体料金。
※中学生以下は無料。
※障がい者手帳等をお持ちの方・付き添1名は半額。

開催趣旨  江戸時代から明治時代に変わり、江戸が東京へ名前が変わり、西欧から多くの文化が流入し始めました。東京湾には交易を求めた巨大な外国船が多くなり、様々な輸入品が入ってきました。イギリス、フランス、イタリアは横浜(現港の見える丘公園)に海兵隊を駐留させ、いつでも東京まで攻める勢いでした。東京の街並みも大きく変わり、木造の橋や建物は石造りへ、交通手段も駕籠から人力車、鉄道馬車、そして陸蒸気と目まぐるしく変化しました。男性の髪型も散髪、廃刀令により市井の人々は帯刀を禁じられ、衣服も和服から洋装へ変わってゆきました。中でも江戸の人々が嘆いたのは急速に変わる江戸の景観であり、西洋の建物が多くなる中、和風の日本家屋は減り、商売も変わっていきました。
 この度の展覧会では、僅か数年で崩壊した江戸の文化と新しい明治期の文化を紹介します。

ミュージアムトーク ※要観覧料
当館館長 5月28日(土) 午後1時30分〜 
企画展
【月百姿】展 −大蘇芳年とその時代−
会 期 前期 平成28年7月2日(土)〜7月31日(日)
後期 平成28年8月5日(金)〜9月11日(日)
月百姿 源氏夕顔巻 大蘇芳年
月百姿 源氏夕顔巻 大蘇芳年
主 催 那珂川町馬頭広重美術館
開館時間 午前9時30分より午後5時まで
(但し入館は4時30分まで)
休館日 7月4、11、19、25日、8月1日〜4日、8日、22日、29日、9月5日
入館料 大 人   500円(450円)
高大生  300円(270円)

※()は20名以上の団体料金。
※中学生以下は無料。
※障がい者手帳等をお持ちの方・付き添1名は半額。

開催趣旨  「月百姿」は、明治時代の浮世絵界を代表する大蘇芳年(1839〜92)の最晩年の傑作です。
 江戸新橋の商家に生まれた芳年は、11歳の時、絵師を志して歌川国芳に入門。師の作風を継いで武者絵を得意とし、人気も実力も兼ね備えた絵師へと成長します。
 幕末から明治時代にかけての激変の中でも歴史画や血みどろ絵などで活躍しますが、明治5年に神経症を発症し、一時期仕事から離れます。翌年には立ち直り、大きな蘇りを意図して「大蘇」という号を使用するようになります。
 「月百姿」は、明治18年(1885)から再び神経症を患って亡くなる直前までの約8年間に制作されました。中国や日本の月にちなむ説話・故事・伝承で構成された全100図からなる揃物で、芳年の精神世界を映し出すような深い趣が感じられる作品です。
 本展では、美人画や武者絵とともに「月百姿」全作品を前期後期に分けてご紹介します。
 芳年の最後の大作であり、代表作ともされる「月百姿」の幻想的で美しい世界をご堪能ください。


ミュージアムトーク ※要観覧料
前期:7月2日(土) 午後1時30分〜 当館学芸員
後期:8月6日(土) 午後1時30分〜 当館学芸員
過去の展覧会へ